和合大樹のプロフィール

混迷の横浜市長選挙!保守分裂、IRの争点離れで野党系・山中氏優勢に

横浜市長選挙も、明日が最終日。

個人的には松沢さんか小此木さんに勝って欲しい所なのですが、タイトルにもある通り”保守分裂”やIRが争点化しなかった事から、一気に立憲民主党と共産党の支援する野党系候補が優勢な状況へとなっています。

野党系候補の山中陣営は、立憲民主党と共産党がお互いに別々の場所で活動をする事によって、それぞれの支持者の票を堅実にまとめているようです。

また、いくら菅総理のお膝元である横浜でも、現職の林市長、自民党国務大臣も経験した小此木氏、そして元神奈川県知事の松沢氏という名の通った保守系候補が連立していては、それぞれ票がまとまりません。

そして、当初は争点化していたIRも殆どの候補が反対した事によって、むしろ争点化しなくなってしまいました。

むしろ、ワクチン接種が全く進まない横浜市の現状を見るに、コロナ対策が争点化してきていると思います。

横浜市長候補の中で、コロナについて明確に述べているのは野党系の山中氏だけ。

コロナの専門家を売りにしている事がここにきて急激に跳ねてきたと思います。

最終日まで目が離せない戦いになりそうですね。

関連:横浜市長選挙の”良いポスター”ランキング | TAIKI BLOG (taiki-wago.com)

関連:音声公開への「反論書」で一層明白になった、横浜市長選山中竹春候補の「パワハラ体質」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。