話題の記事

「野党」が支持されない理由とは何か、政治に関わってきた学生が分析

Amazonで人気の書籍をチェック!

菅政権が発足して、当初は高い支持率を維持していた自民党ですが、現在はコロナ対策で中々良い道筋を示せずに失速しています。(2021年1月現在)

しかしその中でも、野党は変わらず支持率は低いままです。

何でここまで野党の支持率が低いかと考えた時に、その要因は野党の思考の問題だと考えられます。

基本的に、今の野党や野党支持者は他責の考えが強すぎるのではないでしょうか。

確かに支持者の結束を強めるためには敵を作ってそれをひたすら批判するのがセオリーですが、一般の無党派層ゆるい民主系の支持層には中々それでは響きません。

今の野党を見ていると、結局いつも誰かのせいにしているイメージを持ちます。

政府が悪い、誰々が悪い、既得権益が悪い、と言ってばかりで、将来のビジョンを強く示してくれるような政党がいくつあるのでしょうか。

そもそも単純に、人のせいにばかりしてる人になんてついて行きたいと思わないし、明るい未来が見えないですよね。

やっぱり支持や人を集めるには、他責よりも自責の思考で、そしてポジティブに考えていく事が一番なのではないかと思います。

▷▷聞いた事はあるけどよくわからない経済指標 国富、GDP、GNP、NNP、NIとは何なのか

▷▷日本人は共産党について無知な故に甘い ―党の綱領を読み解くと見えてくる「危険な思想」とは

▷▷ナイキの事例から見る人権派のダブルスタンダード







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。都内での活動を経て、2021年より衆議院神奈川10区金村りゅうな事務所スタッフとして活動中。