和合大樹のプロフィール

都民ファが国政へ 新党「野望の党(仮名)」設立か 

いまの政治界隈を賑わすニュースと言えば、自民党役員・閣僚人事と都民ファの国政進出。

小池百合子都知事は預かり知らぬ話で、自身は出馬の意思は無いと仰っているので、さすがに出馬はしないと思いますが、これから始まる”都民ファの国政進出劇”における、登場人物たちの野望は計り知れない物があると思います。

特に、荒木千陽氏の国政への野望がこの騒動を引き起こしたのではないでしょうか。

いずれにせよ、都民ファに加えて連合や国民民主、上田新党に鳩山マネー、小池百合子氏の野望など、様々な思惑が絡み合って合従連衡を経た結果、「野望の党(仮名)」として満を辞して国政進出する事は十分にあり、第三極票が分散してしまう可能性が高まりました。(※党名は冗談です。笑)

これでは、また野党が方向性を見出せずに国民から呆れられて終わりです。

こういう様子を見ていると、菅義偉氏の顔では戦えないと顔をすげ替えたのにも関わらず、永田町の論理で岸田文雄氏という国民人気はイマイチのアンパイな選択肢を選び、そして疑惑の塊・甘利明氏を幹事長に据えてしまう変革の無い旧態依然とした自民党にも納得します。

あまりにも野党がポンコツ過ぎて、選挙もそこまで負ける事はないとわかれば、党内を改革する必要も無いのです。

「野望の党」の出現は、小池百合子氏が出馬しようがしまいが、磐石な自民党を生み出しているだけな気がしてなりません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。