趣味 -hobbies-

《世界史解説》世界有数の名門貴族ハプスブルク家①誕生~マリア・テレジア





ハプスブルク家は、13~20世紀初頭までの約650年間も神聖ローマ帝国とオーストリアの皇帝として、ヨーロッパを牽引していた名門王家です。

戦いは他のものに任せよ、汝幸いなるオーストリアよ、結婚せよ。」というオーストリアの外交、政治姿勢を表す有名な言葉にある通り、ハプスブルク家は結婚による領地拡大に成功して繁栄してきました。

領土は、オーストリアを中心にブルゴーニュ、ドイツ、ベルギー、イタリア、スペイン、ハンガリー、ボヘミア(チェコ)に至るまで偉大な勢力を保っていました。15~16世紀の最盛期には、ヨーロッパの大部分と新大陸(南米)まで統治していたほどです。

発祥はスイス

ハプスブルク家は、スイス北東部のライン川上流から11世紀頃に誕生します。
ここの地域の小領主であり、ハビヒツブルク城(鷹の城)の城主として歴史上に登場しました。ハプスブルクという名はこの城の名前が訛ったものだと言われています。

ではどうやってそんな小領主がヨーロッパの名門王族にまで登り詰めたのでしょうか。

発端は1273年にルドルフ1世神聖ローマ皇帝に選出されたことにあります。

画像1

(°▽°) 「ん、でもハプスブルク家って小領主なんでしょ?なんで急に選ばれたの?」

神聖ローマ皇帝は7選帝侯(マインツ、ケルン、トリーアの3大司教、ボヘミア王、ブランデンブルク公、ザクセン公、ファルツ伯)が選挙で選びます。

群雄割拠のこの時代、誰もが勢力拡大を目指しており、その中でも野心家のボヘミア王オトカル2世はオーストリアの地を占領し、さらに神聖ローマ皇帝を狙っていました。

ドイツ諸侯はそれを阻止して勢力均衡を保つことをルドルフ1世に任せようと、ヨーロッパ貴族の中で下っ端であるハプスブルク家に白羽の矢が立ったのです。

( ͡° ͜ʖ ͡°)「ルドルフお前やれよ」
(´⊙ω⊙`)「?!」





これによって神聖ローマ皇帝を選出した名門一族としてのハプスブルク家がスタートします。

しかし本拠地のスイスでは一悶着あり、ハプスブルク家の勢力は衰退してしまいました。

その後はオーストリアを中心地として繁栄し、一時期皇帝の暗殺などで衰退するものの、ルドルフ4世のころに復活し「オーストリア大公」と自称するようになります。

時代の流れと共に皇帝は「権力」ではなく「権威」の象徴へと変化し、ハプスブルク家はうまく権威を利用してドイツ以外の諸国で力を発揮していきます。

15世紀前半のアルブレヒト2世の時代から皇帝が世襲化となり、1508年にはマクシミリアン1世がローマ教皇から戴冠を受けずに「皇帝」と名乗り始め、フランス西部大諸侯のブルゴーニュ家のマリアと結婚します。

マリアの父が亡くなった後、ブルゴーニュ家の広大な領地を領有しました。

息子のフィリップをスペイン王女フアナと結婚させスペインも支配下に置き、マクシミリアン1世は広大な土地を支配するハプスブルク帝国を建設しています。

その息子のカルロス1世(カール5世)は新大陸まで勢力を拡大し、ハプスブルク家の全盛期を築きました。

画像2

分裂と女帝誕生

ハプスブルク帝国絶頂期に君臨したカルロス1世が1558年に亡くなると、息子のフェリペ2世率いるスペイン系とフェリペ2世の弟フェルディナンド1世率いるオーストリア系に分裂したのです。

スペイン=ハプスブルク家はイギリスによって無敵艦隊(アルマダ)を壊滅させられた事を契機に、ヨーロッパの覇権を失います。
その後、同血族の度重なる結婚により病弱な王が続き、1700年のカルロス2世が亡くなったことで断絶してしまいました。

一方、18世紀には当時栄華を誇っていたホーエンツォレルン家のプロセイン王国(後のドイツ帝国)と肩を並べるほどの存在であったオーストリア=ハプスブルク家ですが、オスマン帝国に対する防波堤として16世紀と17世紀に2度のオスマン帝国によるウィーンへの侵攻を撃退します。

マリア・テレジアがオーストリア大公に即位すると、女性が皇帝になる事に対して意義を唱えたザクセンにプロセインが加担し、オーストリア継承戦争と七年戦争が勃発します。

これらでオーストリアはプロイセンに敗れ、工業が盛んな地域であるシュレジェンを奪われてしまいます。

この時オーストリアはプロセインとの対抗するために、長い因縁のあるフランスのブルボン家にマリア・テレジアの子であるマリー・アントワネットを嫁がせ、手を組もうと画策しました。

しかし、18世紀末にはフランス革命が起こり、マリー・アントワネットが処刑されてしまうのは有名な話です。

①完




・人物解説:マリア・テレジア

女帝が禁じられた国で初めて女帝になり、夫を愛して16人の子どもを授かったスーパー母ちゃんであり、男社会の中でただ一人女性目線からのトップダウン改革で教育・医療・福祉制度の大改革を断行して、現在に繋がる近代国家の根幹を作り出したスーパー政治家である、僕が歴史上1番好きな人物です。(同率1位でフランツヨーゼフの妻のエリザベートも好き)

《世界史解説》女帝マリア・テレジアの大改革!~王、政治家、そして母であった女性~

・②はこちら

《世界史解説》世界有数の名門貴族ハプスブルク家②仏革命~WW1

《世界史解説》世界有数の名門貴族ハプスブルク家①誕生~マリア・テレジア” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です