和合大樹のプロフィール

衆院選の当落予想が気になり過ぎて、とりあえず週刊誌を買った結果・・・

衆議院の任期は10月22日。

今日が8月11日ですから、あと任期も2ヶ月と迫っています。

そして、衆院選は遅くとも11月28日が投開票です。

あと3ヶ月以内には、この長い戦いの結果が出ていると思うと感慨深い物があります。

思えば、衆院選の活動を始めたのは昨年の3月。

支部長に発表される前から、コツコツ駅頭などの活動をしていたのを思い出します。

そして、今年からは本格的に舞台を川崎に移して活動し、政治に携わってから過去これまでに無いほど心身ともに充実した生活をしています。

地元では日々新たな出会いと新しい発見があり、何より沢山の仲間が出来ました。

日々充実し過ぎて、この先どん底に落とされるのでは無いかという不安だけがただ頭をよぎります。

そしてその不安から、遂に普段は買わなかった週刊誌を二つも買ってしまいました・・・!

週刊文春と週刊朝日。

この二紙に、衆院選の当落予想が載っていたのです。

とは言っても、議席や当落予想なんて大方の政治マニアなら誰でも出来る事なので、対して参考にならないのですが、そうはわかっていても不安にかられた人間は買ってしまいます←

買った結果、、、

大した予想してねーじゃん!こんなん素人でもわかるわ!」と叫びたくなるような感じなのですが、そうなる事をわかっていても買ってしまうのが選挙の魔力です。

とにかく今は、当落予想を覆せるよう頑張るのみですね・・・。、




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。