政治 -politics-

【政治】たばこと新型コロナの関連性ーこの機会に禁煙を

指摘され始めた「喫煙」と「新型コロナ感染症」の関係

 

喫煙は、肺を初めとする呼吸器や全身の免疫系に悪影響を与える。つまり、タバコを吸うことでウイルスなどの病原菌に感染しやすくなるということだ。また、喫煙によって呼吸器疾患が重症化し、治りにくくなることも明らかだ。また、受動喫煙でも同じことが起きる。

 

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のスタントン・A・グランツ博士は同校のホームページで、タバコをやめることによって新型コロナ感染症によって引き起こされる重篤な肺疾患のリスクを減らすことができるとコメントした。

 

中国の「Chinese Medical Journal」という医学雑誌に2020年2月28日に投稿された論文によれば、2019年12月30日から2020年1月15日まで武漢の3つの病院に入院した新型コロナ感染症による肺炎患者78人の症状を死亡を含む悪化と改善・安定で比較したところ、喫煙歴のある患者は約14倍(OR)も高く悪化したという。

この記事は論文なども引用してエビデンスを示しているので、信憑性は高いと思います。

やはり、たばこはもっと法律で規制すべきです。

なにせ、厄介なのが受動喫煙でも喫煙者と同じような影響をうけてしまうということです。

喫煙者は周りに多大な迷惑をかけていることをもっと自覚すべきだと思います。

新型コロナウイルスなどの感染症による被害が拡大しないためにも、この機会にたばこに関する法整備を厳格に行うべきです。

町の喫煙所を見ても、ただ線や柵で枠が設定されているだけで、煙を閉じ込める囲いもなく、ただの合法的な路上喫煙所になっているところが沢山あります。

たばこの健康被害を国はもっと真剣に考え、たばこによって迷惑を被っている全ての非喫煙者野ために動いてほしいなと思います。

今回は以上です!

Amazonでお買いものをお願いします…!(交通費などの活動費に使用します)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です