就活生必見!「良い会社」の選び方 どこで会社を見分ければよいのか

最近引きこもり生活をしていたのですが、久しぶりに今日は一日中外出しています。

用事があって中目黒に行ったら、目立つ所に某衆議院支部長のポスターがめっちゃ貼られてていつも驚きますね。

「良い会社」の選び方 

そんな事は置いておき、今回は「良い会社」について考えていきます。

僕が就活をスタートしてから約1か月。

大体やるべき事がわかってきて淡々とこなしている毎日です。

そんな中で、給料が高かったり、研修制度や福利厚生が整っていたり、オフィスがオシャレで綺麗だったりと、様々な良い会社を見ます。

どの会社も優秀な人材を欲しているので、自分の会社を良く見せようと必死ですよね。

しかし、本当に「良い会社」には、それらの要素はあまり関係無いのではないかと思います。

僕が思う良い会社は、この人と一緒に働きたい、頑張りたいと思えるような人達がいる会社です。

つまり、最高の仲間達と出会える会社が「良い会社」だと思います。

そういう組織であれば、少し辛くても頑張ろうと思えるし、自分も成長していきます。そして結果もついてくるはずです。

なので、会社を選ぶ時は外ヅラばかり見るのではなく、内側もしっかりと見て選んでいったら良いなと思います。

▷▷地頭力が無い、就活最弱大学生の対グループディスカッション戦略

▷▷史上最強の内定獲得術








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。都内での活動を経て、2021年より衆議院神奈川10区金村りゅうな事務所スタッフとして活動中。