話題の記事

「それな」すぎる日本の就活の闇

現役就活生が日本の就活の闇だと思うことを羅列していきます。笑

共感してくれた方はいいね下さい!

そして、他にもあるよ!って方はコメントお願いします!

就活解禁前に内定持ってる奴ら

解禁前に既に3社内定〜♪とか言ってる奴多くて、普通に「は?」ってなりませんか?

就活ってどういう仕組みなんだろうか・・・。

就活説明会だと思ったら知らぬ間に選考会になってた

「グループごとに分かれて、課題をやって頂きます。」

「志望動機は何ですか?」

「他社の就活状況はどういった感じですか?」

など、「絶対説明会じゃないだろこれ」みたいになってくる会社が時たまあります。

特にベンチャー企業に多いかもです・・・。

説明会で志望動機なんか考えてる訳ないですよね。

第一志望って言わなきゃいけない

本当に第一志望だったら御社に行きたいアピール絶対するし、もはやこの質問不要なんじゃないかと思います。

サークル代表、バイトリーダーが量産される

まじで、代表とリーダーが量産されるのが就活。

日本にサークルやバイトがいくらあっても足りないんじゃ無いかと思うレベルです。

説明会に参加する「人事だけ」やけに明るい

説明会に参加してみて、社員さんみんな楽しそうで良い人達や!

と思って面接を受けたら、態度悪かったり適当だったり圧迫だったり、面接で会社が嫌になることも多いですね。

褒められまくって評価されたのにお祈りされる

良いね!

優秀だね!

と、ひたすら褒められたら落ちるフラグ。

これでいくつ最終面接落ちたことか・・・。

いかがでしたでしょうか。

一つでも共感して頂けると幸いです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。