話題の記事

支持率の低下が止まらない・・・!迷走する菅内閣! ―補佐役はリーダーになれないのか

政権発足当初は支持率も好調であり、改革の姿勢も見せて期待を持たれていた菅内閣ですが、最近は支持率もどんどん低下し、求心力を完全に失っています。

また、小池都知事などに促されて発令する形となった二度目の緊急事態宣言以降は、決断力やリーダーシップに疑問を持たれ、国民からはかなり厳しい目が向けられていると言っても過言ではありません。

菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査 – 毎日新聞 (mainichi.jp)a

官房長官時代は安倍総理を支え、手腕を発揮してきた菅義偉首相ですが、やはり補佐役が総理を志す事は困難な事なのでしょうか。

僕は以前、このブログで補佐役について述べたことがあります。

名補佐役・豊臣秀長から学ぶ組織論 「補佐役」としての生き方 | TAIKI BLOG (taiki-wago.com)

世に名高い豊臣秀吉の弟、秀長の補佐役としての活躍を参考に、補佐役としての生き方を考えたブログです。

秀長は、兄と一心同体になろうと考え、トップを目指そうとはしませんでした。

むしろ、一心同体なので兄の一部としての行動を心がけていました。

つまり、トップになろうという発想そのものが全く無かったのです。

菅義偉首相も、おそらくそうであったと思います。

しかし、政治的な事柄が上手く重なり、トップになれるという道筋が示されてしまった事によって、その座を引き受けてしまった事が終わりの始まりだったのではないでしょうか。

やはり、補佐役は補佐役であるべきであり、決して欲を出して高望みをしたり、向いてない物を無理に行おうとしてはいけないのです。

菅義偉首相を見ていて、強くそれを感じる事ができます。

関連:最新版!日本維新の会 衆議院支部長まとめ(東京・神奈川)

関連:「日本維新の会」の政策をわかりやすく解説!ネオリベ?右寄り?緊縮?反日?

関連:政治×DX:瞬時に必要な情報(政策)を伝える事が可能になる「政策ナンバー制度」とは

関連: グレタさんも支持!学生らが環境問題に関して、日系大企業数社に抗議の公開質問状!その理由とは

Amazonで人気の書籍をチェック!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。都内での活動を経て、2021年より衆議院神奈川10区金村りゅうな事務所スタッフとして活動中。