和合大樹のプロフィール

自民党が総選挙で勝つ為には

横浜市長選挙での敗北によって、更に勢いを落とした菅総理と自民党。

横浜市長選挙の最終版では、自民党の市議や県議がこぞって”電作”をしていたようで、僕の知り合いにも数人、電話が来たというお話を耳に挟みました。

それくらい必死の戦いをするも敗北をした自民党、次の総選挙では完全に逆風が吹いています。

しかし、ここまで逆風が吹いているのにも関わらず、今の頭でっかちのポンコツ野党では自民党を倒せそうにありません。

本来であれば、現政権に不満がたまっている時こそ野党がしっかりと道筋を示して、政権与党に成り代わり、自民党に足りていなかった所を補っていくべきなのですが、どうやらそんな気配もないですね。

国民民主党の玉木さんは結局選挙の為に共産党にすり寄っていきましたし、立憲はもう完全に共産党と一体化してしまったようなものです。

そんな状況であれば、まだまだ自民党にも勝てるチャンスは残っています。

これだけ逆風でも勝てるチャンスを与えてしまう野党のポンコツさったらありゃしませんが、それはもうこの際置いておきます。

自民党が勝つ為には、来月の総裁選で河野太郎氏が総理大臣になる以外にないのではないでしょうか。

国民の人気と知名度がかなり高く、期待も実績も充分に備えている有力候補だと思います。

河野太郎氏が総理になれば、国民の期待と人気が相まって自民党はまず負ける事はないんじゃないかと思います。

そして、そうなる可能性もあるんじゃないかなと思う今日この頃です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。