趣味 -hobbies-

西郷隆盛から学ぶ、無私利他の精神と真心





西郷隆盛は、小学生でも習うような、誰でも知っている歴史上の偉人です。

その彼の人格に磨きがかかったのは、通算5年間にも及ぶ「島流し」の時期だったといいます。

人はつらく苦しい局面に立たされると、逃げ出したくなるものです。しかし、そこで突き進めれば、人として大きく成長できるのだと西郷の人生を見ていればわかります。

今回は悩めるすべての人たちに読んで欲しい記事です。

西郷の41か条の遺訓の中で、僕が一番重要だと思うポイントは「真心」と「無私利他」の精神です。

真心は誠意であり、昔の言葉だと「至誠」と言います。

そして無私とは、文字通り「私利私欲を捨てること」です。利他は「他を利すること」で、「相手にプラスになるように配慮すること」をいいます。

西郷の人生と彼の教えを読み解くと、人が成長するための秘訣は「真心を尽くす」「無私利他に徹する」の2つが挙げられるのではないかと思います。

西郷隆盛が並の人間と異なっていたのは、決して「上から目線」で人に接したり、傲慢な態度を取ったりせず、どんな相手にも真心を込めて接した点です。

真心は絶対に相手に通じます。

西郷はこの「真心」(至誠)こそが人を動かすと信じました。

例を挙げると、江戸攻めを敢行しようとしていた西郷は、江戸決戦で江戸八百八町が火の海になることを懸念した幕府の勝海舟の呼びかけで会談し、「江戸城無血開城」を決めたのです。

それも互いの真心(至誠)が響き合ったからであると思います。

人と人との繋がりの基本は「真心」なのです。

また、西郷の「無私利他の精神」について、キリスト教学者の内村鑑三は「完全な自己否定が西郷の勇気の秘密であった」と論じました。

それを裏付ける言葉が『南洲翁遺訓』に登場します。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るもの也。この始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」(『南洲翁遺訓』)

偉業を成すには、私利私欲を捨て、他人の為に何ができるかを考えて行動できるような気構えが必要なのです。

しかし、人間は辛い時こそ「無私利他」や「真心」を忘れがちな生き物です。

西郷も5年間の島流しに処され、奄美大島、徳之島、沖永良部島の3島で逆境の中過ごしたことがあります。

そんな中でも人の優しさに触れ、西郷は逆境の中においても自分を磨き上げようとしていました。

人は辛く苦しい局面に立たされると、音を上げ、そこから逃れたくなるものです。

しかし、渾身の力を振り絞って自分自身の中の「弱虫」と格闘しながら突き進んでいくと、その正念場を乗り切ることができ、人として大きく成長し飛躍することができるのが人間でもあると思います。

その成果はすぐには現れないかもしれませんが、いつか必ず花開くときが来るはずなのです。(僕はそう信じています。笑)

そういった状況下での心得について、西郷隆盛はこう述べています。

「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、己を盡て人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし」(『南洲翁遺訓』)

個人的に非常に身に染みる言葉です。

この言葉は、西郷の座右の銘「敬天愛人」に通じるものであると考えられます。

つまり「誰から見られても恥ずかしくない行いをして、誰にでも分け隔てなく誠意をもって接すること」です。

この言葉を座右の銘にしていた西郷が、いかに誠実で無私利他な人間だったかがわかります。

西郷の人生観、考え方を参考にしてみると、皆さんの今後の行動やそれに対する結果も変わってくるかもしれません。

「命もいらず、名もいらず、金もいらず」といった気持にいきなり切り替えるのは大変ですが、心がけは大切だと思います。

日ごろから「無私利他」「真心」の気持ちを大切に生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です