和合大樹のプロフィール

日本IBMが川崎に世界初「商用量子コンピュータ”KAWASAKI”」設置ー世界最先端都市への幕開け

昨日、7月27日は、日本、そして川崎市にとって歴史的な日になった事をご存知でしょうか?

新川崎・創造のもり」にある川崎市のインキュベーション施設NANOBIC日本IBM日本で初めてとなる世界初の商用量子コンピュータ「IBM Quantum System One」を設置、稼働を開始したのです。

この機の愛称は「KAWASAKI」と命名されたと言います。

川崎市の全面的な支援により、電気・冷却水・ガスなどのインフラの安定供給や耐振動環境といった量子コンピューターの常時安定稼働に必要となる最適な環境を実現しているそうです。

昨日の発表会には、川崎市長東京大学総長文部科学大臣科学技術政策担当大臣駐日米国代理大使みずほフィナンシャルグループ取締役会長IBMシニア・バイス・プレジデント日本IBM代表取締役社長など、名だたる人たちが参加していた事からも、期待値の高さが伺えます。

そもそも「量子コンピューター」とは、現在のコンピュータの技術とは根本的に異なる次世代のコンピュータで、今後更なる研究開発でスーパーコンピュータに比べて異次元の計算能力を持つとされています。

現状使用されているスーパーコンピューターが1万年かかると言われる計算を、量子コンピューターであれば200秒で出来るというのですから、信じられません。笑

そうした技術は、創薬、素材開発、交通、フィンテックなど、様々な分野で応用していく事が可能だそうです。

IBMがこの量子コンピューターを設置したのは、アメリカニューヨークドイツフラウンホーファー研究機構、そして川崎。

今後は川崎市に日本中、そして世界中から最先端の研究に携わる人材や知識が集積し、世界に名だたるイノベーションパークが形成されていく事が期待されています。

高度経済成長を最前線で牽引してきた川崎が、工業都市から最先端技術が集積するイノベーションの街へと成長していく第一歩として、応援していきたいですね。

関連:東京大学とIBMがゲート型商用量子コンピューター「IBM Quantum System One」の日本初始動を発表

参考:福田のりひこ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。