和合大樹のプロフィール

レーニン主義について、5秒で理解できるようにわかりやすく解説

今回は、音喜多駿さんがブログで述べていたデジタルレーニン主義について、いちゃもんをつけている人がいたので、彼の質問に答えようと思います。

良い大人のくせしてレーニン主義も知らんのか!、知らないならネットで調べろ!、という思いは今回は隅に置いておきましょう。

そもそも、デジタルレーニン主義とは?

「デジタル・レーニン主義」とは、デジタル技術を駆使して国民の情報を管理し、その行動まで規制していく強権的な政治思想・スタイルのことを指します。

レーニンとは言うまでもなく、あの一党独裁体制を確立した独裁者のパイオニアのことであり、まさにいま中国がゴリゴリと国策で推し進めているのがこの「デジタル・レーニン主義」と称される国家運営の手法です。

改めて音喜多さんのブログを読んでみるとめちゃくちゃ丁寧に説明してて、レーニン主義くらいこの文を読めばわかると思うんだけどなあ…。

つまり、レーニン主義って、、?

レーニンの死後にスターリンが一般化したレーニンの革命思想です。「直接に暴力に立脚し、どんな法律にも拘束されることのない権力」による支配が必要であり、少数は多数の「決定」に従わなければならない、とする原則に基づいています。(日本共産党もこのレーニン主義をその理念の根幹に置いています)

簡単に言えば「強権的な独裁が正しいんだから従え!」というのがレーニン主義。

まぁ、普通の人ならこの音喜多さんのブログを読めばそれくらいわかると思いますけど…

めちゃくちゃ乱暴な解説ですが…

関連:大阪都構想、国民・立憲の一部議員が賛成へ -維新vsその他の構図からの脱却-

関連:大阪都構想の住民投票再チャレンジが正当な理由をわかりやすく解説

関連:グレタさんも支持!学生らが環境問題に関して、日系大企業数社に抗議の公開質問状!その理由とは

Amazonで人気の書籍をチェック!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。