和合大樹のプロフィール

高校時代、世界史全国1位だけど、歴史研究が向いてない事に大学4年で気づいた話

スレイマンモスク

僕は現在、文学部史学地理学科西洋史を専攻している四年生です。

そもそも、文学部史学地理学科に入ったのは、単純に歴史が好きだったから。

遡ると、小学生の頃から歴史や政治が好きでした。

その甲斐あって、高校に入ってからは世界史で学年1位、更には全国1位を量産

世界史まじ楽しい。

ノートまとめまじ楽しい。

本当に遊び感覚で勉強していました。

そういった事もあり、大学は3校受験し、どれも歴史関係の学部を選択。

「歴史研究なんて余裕やろ!むしろ楽しみ!」

そんな軽い気持ちで入学したら地獄が待っていたのです。

正直、1〜3年の頃はまともに大学も通っておらず、何とか単位を取得しているだけだったので、歴史研究など趣味程度にしか行っておりませんでした。

そして、今年は遂に4年。

卒業論文を書かねばなりません。

今年こそは!と気合いを入れて勉強に取り掛かりますが、なかなか思うように進まず。

今、興味関心を持っている分野が完全に現代政治という事もあって、歴史的アプローチから現代の問題を考えているのですが、歴史的アプローチをするのがもはや苦痛。

歴史を分析するのがめんどくさくて仕方ありません。

つまり、今までは「世界史=物語」と考えていました。

映画を見て楽しんでいる感覚です。

しかし、もはや今は物語を読み解いて、疑って、更に情報を集めて、、、というような作業と化してしまっています。

知的好奇心はもちろんありますが、それ以上に時間を浪費するだけで、現実的な議論が発展する訳でも無いので、段々つまんなくなってきています←

好きだった物が作業に変わった瞬間の、つまらなさは尋常ではありません。

歴史は単に見て楽しむ物であって、下手に足を突っ込むと大変な事になるな、と気づいた今日この頃でした。

まぁ歴史好きだし、興味はあるので作業だろうが何だろうがやるのですが・・・。

皆さんも、史学科を選ぶ際は、「歴史が好き」という理由だけで選ばない事をオススメします。

関連:コロナワクチンは高齢者ではなく、若者や現役世代から優先的に摂取すべきだと考える理由 | Wagoo! (taiki-wago.com)

関連:「バイトがない困窮大学生」は本当なのか?大学生はそんな困ってない説 | Wagoo! (taiki-wago.com)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。