政治 -politics-

コロナ禍でも活動しなければならない新人候補の辛さ。

こんばんは。

そろそろ都議会議員の補欠選挙や都知事選が迫っています。

僕も政治活動をたまに手伝っていますが、政治に興味のない大半の人からしたら、このコロナ禍でも選挙をやるなんて訳が分からないですよね。

しかし、それでも僕が応援しているような新人候補たちは活動しなければ勝てないし、本当に世の中を変えたいなと思っている人が政治家にならないと政治は変わりません。選挙を延期するのが一番ですが、それが出来ない以上は、少しでも「まとも」な政治家を増やすしかないのです。

コロナ期間の選挙を見送るという選択肢も確かにあるかもしれませんが、そんなことをしていては本当に政治は何も変わりません。選挙があるたびに候補をたてて、古い政治を変えるために選挙戦を戦わねばならないのです。

わざわざ外出して駅に立つという古いやり方を、「なんでそんなことをやる意味があるんだ」と思う人は確かに多いのだろうと思います。

しかし、それはもちろん効果があるからやっているのです。効果が無い、古いやり方だと思う方は是非他の方法をご教授ください。

他にも、「選挙カーなんてうるさいだけでいらない」という人もいますが、これもしっかりと研究されて効果があると実証されているから使われています。

これらの活動をコロナの時期に行うと、「外出自粛と言っている政治家がなぜ外にでているんだ」と一般の人から顰蹙を買うかもしれません。

しかし、そうはいってもやらねばならないのです…!

ソーシャルディスタンスを意識しながら、コロナに負けずに政治活動がんばりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です