政治 -politics-

戸別訪問をして地元の人と仲良くしていると、全く知らない土地でも愛着が湧いてくる

投稿日:

こんばんは

今日も今日とて戸別訪問。

江東区はわりと優しい人が多く、精神的には楽な地域だと思います。

基本的には、一軒に対してサラッと終わるのですが、かなり話し込むこともたまにあります。

僕は長い時だと、40分~1時間くらい立ち話してしまうのですが、熟練の経験者だと家に入ってくつろがせてもらううことすらあるそうです。

そんなこんなで、地元の人と触れ合ったりすることによって、全く関係のない知らない土地にも、段々愛着が湧いてきます。

今日訪問したお寿司屋さんは、大正元年創業の老舗のお寿司屋さんで、気前のいいご主人とおしゃべりなお母さん、慎ましい奥さんのいる落ち着いた雰囲気のお店でした。

訪問した時に、「寿司食べてく?」と言われたので、「今活動中なので、帰りに食べにきます!」と言い活動後に訪問。

食事中も地元の話、店の話、家族の話、政治の話などで盛り上がり、楽しいひと時を過ごせました。

こういう下町の雰囲気のお寿司屋さん大好きだなーと思いつつ、最後に自分の紹介もして名前を覚えてもらい、帰宅。

決して安くはないので今後頻繁には行けないですが、味と量とサービスと雰囲気の全てが大満足できたお寿司屋さんでした。

これも戸別訪問をしてなければ絶対になかったご縁ですし、逆に今自分がしている活動の中の唯一の楽しみでもあります。

今後も、活動をしていく中で色々なお店を開拓して仲良くなっていけたらなと思います。

江東区ほんと良い街や・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です