政治 -politics-

川崎市でヘイト条例施行後、初の右翼街宣。

ヘイトスピーチ条例施行後としては初の右翼街宣が川崎で行われたようです。

いつも通り、日本第一党関係者とのこと。

元川崎市民として注視してきたこの条例。

正直僕はどちらかというと賛成派でした。

しかし、市の職員がこの右翼街宣を監視している状態を見て、言論の自由への危機感を覚える気持ちもわかります。

表現の自由や人権問題は考えれば考えるほどわからなくなりますね・・・

リベラルという概念は難しい・・・

かと言って保守という考えもちゃんと考えてみるとよくわからなくなってきます・・・

イデオロギーは簡単に捉えれば簡単に説明できるかもしれないけど、考えれば考えるほどわからなくなりますね。

色々とまた本を読み漁ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です