政治 -politics-

感情移入しすぎず、選挙マシーンと化した方が良い理由

投稿日:

こんばんは。

選挙活動も三日目を迎えたところで、思ったことを書きます。

最近活動していると、いろんな人の演説を聞いたり活動を見ていて泣きそうになることがあります。笑

なんでみんなこんなに真剣に頑張っているんだろう・・・!候補者も議員もスタッフもボランティアも皆頑張っているから、絶対に勝ちたい・・・!

そう思うと泣きそうになります。笑(泣かないけど)

前にも書いたかもしれないですが、僕はめちゃくちゃ涙もろいのです・・・

涙もろいだけじゃなく、そもそも感情の起伏が激しいです。笑

喜怒哀楽がはっきりしています。←

まあそれは置いといて、選挙期間中は変に感情移入するよりも、人的リソースらしく選挙マシーン(何も考えずにひたすら声出してビラを配り続ける)になったほうがいいなと思いました。

何故なら感情移入しすぎると、通行人に悪口言われたり、なにか不快なことを言われたときに、言い返しそうになったり、逆にめっちゃ落ち込んでしまったりします。(僕なんて感情の起伏が激しいから特にw)

そうやって一喜一憂して活動のコンディションを落とすくらいなら、感情移入しすぎずに勝つことだけを考えて応援した方が良いと考えました。

感情移入するのは投開票日のみ!そう心に決めて明日からも頑張ります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です