政治 -politics-

【経験者は語る】SNSで失敗した時に大切な事。←

おはようございます

昨日の夜、Twitterを見てみると維新界隈が若干荒れてました。

原因は、大田区で現在活動中の松田りゅうすけさんが、Twitterのリスト機能を使って、同じ地域で活動する候補者を「敵」リストに追加していた事にあるようです。

これについて、松田さんはTwitter上で誠実に謝罪をし、直接の謝罪も申し入れていました。

相手方の松木さんも、丁寧に対応しており、賛否は様々だと思いますが、問題は収束の方向に向かっていると思われます。

しかし、ここでめんどくさいのが、相手方の支持者や、「是々非々!」とか言いながら叩いてくる身内です。←

足立康史代議士は、Twitterで「敵は敵」と音喜多駿参院議員のフォローに水を差すような事を言っていました。笑

僕も相変わらず、こういう話をブログに書いて情報を発信しています。(大した発信力は無いのが幸いですが。笑笑)

Twitterで一度燃えると、こうして無関係な輩がぞろぞろと絡んできて好き勝手言っていきます。

当事者からしたら、相当精神的ダメージがあるでしょうし、僕ならめっちゃムカつきます。

このような事態に陥ってしまった時、当事者はどのようにすれば自らの精神的負担を減らし、事態を鎮静化する事ができるのでしょうか。

僕は、

謝罪→反応は基本全て無視→しつこい奴や、誹謗中傷してくる奴は即ブロック

が一番良い流れだと感じます。

ブロックをガンガン使う事によって精神衛生をかなり安静に保つ事ができるのです。

ブロックするな!と騒ぐ輩も一定数いますが、そんな連中は何の影響力も無い蟻とかハエみたいな物なので、いちいち気にする必要ありません。

松田さんは僕よりも大人で、もちろん頭も良くて優秀なので僕が色々言う必要など微塵も無いでしょうが、今回たまたま、この様な事態が起こっているのを見つけたのでブログにしました。

みなさんも、SNSで失敗した時は参考にしてみて下さい。

とにかく、切り替えてこれから頑張りましょう!!

【経験者は語る】SNSで失敗した時に大切な事。←” への1件のフィードバック

  1. 松田さんは自信家で危ないなと思っていたからこの程度の失敗でよかったよ。リストを作るときにシステムを考えないのは致命的ミスですが…行動変容のきっかけになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です