和合大樹のプロフィール

参議院議員の音喜多駿、赤羽駅で殴打される 情報発信は命がけなのか・・・?!

先ほどTwitterを開くとこんな衝撃的な出来事が…

 

なんと、東京都選出の参議院議員、音喜多駿さんが地元北区の赤羽駅前で殴打されるという事件が発生したようです。

音喜多さんのツイートによると、流れは以下のようです。

以前、音喜多さんがTwitterで、ある議員に関してツイート

そのツイートに対して良く思っていなかったその政党の支持者が、赤羽駅で活動中の音喜多さんの顔面を二回強く殴打

犯人はその場で捕まり、音喜多さんは軽傷

軽傷だとしても、こんなことをされたら精神的にかなりきついですよね…

言論に対して暴力で対抗するというのは最低の行為だと思います。

そして、今回の件の発端がSNSであるように、SNSには暴力を振るいかねない人たちが潜んでいる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

「自分が絶対的に正しい」

「あいつは絶対間違っている」

「自分が正しくて、自分は正義を執行しているんだ。正義だから何をしても良いんだ。」

このような気持ちを抱いている人は、Twitterを見ている限り少なくありません。

炎上の類は大体こういう人たちが群がっています。

そして、その延長線上にあるのがこの暴力事件だと思います。

しかし、いくら相手が悪かったとしても、暴力に訴えるという愚行に走ってはいけません

言論に言論で対抗できない時点で、その陣営は負けなのです。

とは言いつつも、もし今回の件で犯人が刃物を持っていて命を奪われていたとしたら元も子もありません。

本当に、世の中にはどんな人がいるかはわからない…

なので、SNSでの発信にはもう少し慎重にならないといけないな、と個人的に感じました。

そして現場では、狙われやすい候補者や議員をしっかりと守っていかなくてはとも思いました。

僕も政治活動中に変な人から絡まれることが多いので、今度からは気を付けます!

関連:大阪都構想、国民・立憲の一部議員が賛成へ -維新vsその他の構図からの脱却-

関連:大阪都構想の住民投票再チャレンジが正当な理由をわかりやすく解説

関連:グレタさんも支持!学生らが環境問題に関して、日系大企業数社に抗議の公開質問状!その理由とは

Amazonで人気の書籍をチェック!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。