和合大樹のプロフィール

若者で川崎の「農」を考える・・・?!

川崎と言えば、工業地帯のイメージやコリアンタウン、治安が悪いなどのイメージが先行するかもしれません。

あるいは、川崎駅や武蔵小杉、溝ノ口、川崎フロンターレなどのイメージでしょうか。

しかし、川崎は農業にも熱いんです!

本日は中原区の新城にて、川崎で取れた食材川崎の地ビールを囲んで地元への理解を深めつつ、若者で食と農について考えるという会に行って参りました。(考えたような、考えてないような…。笑)

弁当
『TETO-TEO』さんの弁当

これも『かわさき若者会議』の中での企画の一つです。

僕自身は食も農も、繋がりや知見は無いのですが、これを機に地元への理解を深めようと考えています。

中には、実際に川崎の「食」に携わっている人や、実家が農家で農業に携わってる人など、様々なU25の若者が集まりました。

ろじのみ
こうした事をやっている若者も…!

川崎の農業の魅力については、後日ブログにするとして、それぞれ地元愛を持ちながら活動しつつも、緩くノリも面白くて良い会だなと思います。笑

最近は中々地元の活動の方に参加出来て居ないですが、川崎での地元を盛り上げる活動にも積極的に参加していきたいなと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。