和合大樹のプロフィール

シェアレジデンス『nears川崎』が気になりすぎる件

現在、僕が1人暮らしを始めて早くも1年以上が経過をしました。

当初は家賃も生活費もカツカツで路頭に迷いそうな状況でしたが、今では様々な仕事も見つかり、なんとかギリギリ生活しています。笑

そんな中、地元川崎で気になる物件が出てきたので紹介致します。

それが、ミレニアル世代の単身者をメインターゲットにしたシェアレジデンス『nears川崎』です。

入居者同士がゆるくつながる仕掛けとして、気軽に参加できるイベントやコミュニケーションアプリの導入入居者の好きや得意なことがシェアできる機会などを提供し、コミュニティ形成の場を備えていると言います。

コロナ禍に伴う生活様式の変化により、ひとり暮らしは孤独感が高まりやすく、自宅で働くことの心理的・身体的ストレスも増えていると考えたことから誕生したそう。

共用フロアには、キッチン・ダイニング・ラウンジ・ライブラリー・暖炉・オープンテラスが設置されており、過ごし方に合わせた空間をつくることで、入居者同士でのコミュニケーションの機会となっています。

また、建物全体で、働きやすい家具・ドリンク・Wi-Fiなど快適に働くことができる環境を備え、オンライン会議集中作業、アイデア創出など、働き方によって空間を使い分け自由な働き方を実現できる点も魅力的です・・・!

↓共用フロアイメージ

※ホームページより引用

居室には、ベッド・チェア・エアコン・冷蔵庫・Wi-Fiなどの家具家電や、シャワー・トイレ・洗面という水回りを備えているので、プライバシーは完全に担保されます。

↓居室イメージ

※ホームページより引用
※ホームページより引用

そして、川崎駅から徒歩4分というアクセスの良さも最高です。

幸区なので、中原区からは離れてしまうという欠点はありますが、かなり前向きに引っ越しを検討したいと思います!

ただ、前回引っ越す時に、新しくベッドや本棚、冷蔵庫、仕事用のデスクや椅子などかなり色々な物を揃えたので、ここに来て全て備え付けの所に引っ越すのは気が引けるのですが・・・笑

中原区にもこういう所無いかなあ・・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。