和合大樹のプロフィール

川崎市中原区の歴史

中原区は、昭和47年(1972年)4月に川崎市が政令指定都市に移行した際に誕生しました。

川崎市のほぼ中央に位置し、区域の大部分は平坦部ですが、高津区や横浜市に隣接する井田エリアには豊かな緑の残る丘陵地が広がります。

東京都心部や横浜へのアクセスに恵まれている事もあって、人口・世帯数は川崎市内7区の中で最大です。

武蔵小杉駅を中心に先端企業が集積する一方、下小田中エリアは県下でも有数のパンジーの生産で知られています。

今回は、そんな中原区の歴史を紹介していきます。

参考:中原区の概要

中原区の歴史

元は小杉村という名前で、江戸と平塚の中原御殿を結ぶ「中原街道」の中継地「小杉宿」として栄えた地域でした。

「中原」という名前は、もともとはこの地域の地名ではなく、中原御殿までの中継地点だったことから「中原」という名前が使われ始めました。

つまり、中原区の小杉エリアは、江戸時代からの交通の要所だったのです。

現在でも、路線だけでなく府中街道、綱島街道、尻手黒川道路、多摩沿線道路などの主要道路が張り巡らされた、交通には困らない地域となっています。

始まりは郊外の農村でしかなかったのにも関わらず、こうして発展しているのは、やはり充実したインフラが起因していると言います。

国鉄武蔵小杉駅前(71年・羽田猛さん提供)※引用元:中原の歴史―写真を募集

昭和初期にはNEC富士通が中原区に工場を建設し、同時に大規模な社宅が次々と作られて人口が爆増。

その流れで商業施設や風俗街(新丸子)が発展し、川崎市が溝の口新百合ヶ丘と並んで大規模再開発の拠点と位置付けました。

現在、工場や社宅の跡地は、グランツリーなどのショッピングモールやタワーマンションが建設され、立地の良さから武蔵小杉駅周辺が人気の住宅街となっているのは有名な話ですね。

中原区歴史年表

809年(大同4年)  上丸子日枝神社が山王社として創建される。
1156年(保元1年) 宮内春日神社ができる。
1604年(慶長9年) 中原街道が造られる。
1608年(慶長13年) 将軍徳川秀忠小杉仮御殿を建設する。(※詳しくはこちら
1611年(慶長16年) 小泉次大夫、二ヶ領用水の工事を完成する。
1673年(延宝1年) 小杉村の宿駅が整備される。
1764年(明和1年) 野村文左衛門、中原街道沿いに石橋(八百八橋)を架ける。(※詳しくはこちら
1913年(大正2年) 溝口・川崎間(府中街道)を乗り合い馬車が走り、小杉十字路に停留所ができる。
1924年(大正13年) 川崎市制施行。(人口50,188人、戸数5,796戸)
1925年(大正14年) 中原村住吉村が合併し、中原町制施行。
1926年(大正15年) 東京横浜電鉄(現在の東急東横線)丸子多摩川~神奈川駅が開通。
1927年(昭和2年) 南武鉄道(現在のJR南武線)、川崎~登戸駅が開通。
1931年(昭和6年) ガス人道橋としてガス橋が架けられる。
1933年(昭和8年) 中原町川崎市と合併する。
1935年(昭和10年) 丸子橋が架けられる。
1947年(昭和22年) 市長選挙が行われる。
1967年(昭和42年)等々力緑地内に陸上競技場が完成。
1972年(昭和47年) 政令指定都市になり、中原区が誕生
1983年(昭和58年) 中原平和公園が開園。総合自治会館が開館。
1988年(昭和63年) 市民ミュージアムが開館。
1992年(平成4年) 平和館が開館。
1994年(平成6年) 国際交流センターが開館。
1995年(平成7年) とどろきアリーナが開館。

(引用元:中原区の歴史




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。