和合大樹のプロフィール

中原街道って東海道より古いの知ってる?

「中原街道」は、相模国国府と武蔵国橘樹郡とを結ぶ道として整備されました。

実は、「中原街道」は東海道よりも歴史ある街道なんです。

「中原街道」と呼ばれるようになったのは、1604年に徳川幕府が整備を行ってからだと言われています。

東海道が整備されると幹線道としての役割は東海道に譲りましたが、江戸ー平塚間をほぼ直線につなぐ道路である「中原街道」は旅人の最速ルートとして利用されたので、相変わらず栄えていたようです。

東海道は大名行列に使われるため、「中原街道」の利用者の多くは、その煩わしさを嫌う庶民や商人だったと言います。

関連:川崎市中原区の歴史 ―徳川家の拠点?!人口増加率No.1エリアの成り立ちとは




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。