和合大樹のプロフィール

鈴木宗男、赤羽で魂の演説!政治家論について熱く語る

本日は北区赤羽にて、都議会議員選挙に挑戦を予定している佐藤こと都政対策委員の決起集会が行われました。(コロナ禍の為、ネット中継中心)

案内
決起集会の案内

昨年、涙を飲んだ都議補選での敗戦から1年。

今年こそは、何としても勝たねばなりません。

元々は音喜多駿参議院議員が保持していた都議会北区選挙区の1議席。

その改革の1議席を、取り戻す戦いです。

選挙
昨年の選挙の様子(右から吉田区議、佐藤こと都政対策委員、金澤支部長、和合、阿部支部長)

恐らく、そんな気持ちで多くの方々が臨んだ、今日の決起集会。

僕自身は、現在活動の拠点が神奈川10区であり、今回は殆ど北区の応援に行く事が出来ていなかったのですが、本日の街頭演説会を経て、改めて本番は可能な限りフルで応援に入ろうという決意を固めました。

弁士には音喜多さんをはじめ、柳ヶ瀬ひろふみ参議院議員、石井みつこ参議院議員、そして鈴木宗男参議院議員などが応援にかけつけており、非常に賑やかな街頭演説会となりました。

その中でも、ひときわ目立っていたのが鈴木宗男参議院議員の演説

お手伝いしながらなので、中々落ち着いて聞くことは出来なかったのですが、小池ゆりこ批判に始まり、自身の波瀾万丈の人生の話など、「さすがムネオ!」と言いたくなるような、聞き入ってしまう演説でした。

宗男
宗男節に微笑む面々(右から柳ヶ瀬参議、鈴木宗男参議、佐藤こと都政対策委員、音喜多参議)

その中でも、個人的に良いなと思った名フレーズがこちらの3つ。

「政治家である前に、1人の人間なんだ義理や人情を無くしたら、この世界、やっていけません。」

「正直者が馬鹿を見る社会を作ってはいけない。」

「政治家は、人間関係です。その人間関係が太いか細いかで、政治家が大きくなったり、成長していくのであります。」

こうした、鈴木宗男議員の政治家論には、政治家だけでなく、全ての人が当てはまるのではないでしょうか。

何があっても、義理人情人間関係を蔑ろにしたり、疎かにしてはいけません。

そして、それらを大事にしていくからこそ、1人の人間として成長していきます。

また、人間関係を大事にするからこそ、幅が広がり、思わぬ繋がりや出会いも生まれ、結果的により豊で良い社会や人生を形成していく事が出来るのだと思います。

信念を貫き、そして愚直に何十年も行動して来た重鎮だからこそ、鈴木宗男議員の言葉には、心に響く重みや深みを感じる事が出来ました。

そもそも、逮捕→収監→国政復帰という人生が凄すぎますよね。笑

音喜多さんの言葉を借りるのであれば、「逮捕されても何度でも立ち上がる、不屈の男・鈴木宗男」。

彼の言葉を胸に、自らも信念を貫き、義理人情を忘れずに生きていきたいなと強く感じます。

関連:逮捕→投獄→それでも国会議員に復帰。不屈の漢・鈴木宗男からの大激励、佐藤ことも何度だって立ち上がる!

関連:交友関係に断捨離は無い、と心に刻む義理人情大学生←




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。