和合大樹のプロフィール

地方議員の「費用弁償」について。交通費1回3,000円は適切なのか!?議論の見える化を。

Amazonで人気の書籍をチェック!

今回は、地方議員の「費用弁償」に関してです。

各地方議会の議員さんには、本会議や委員会への出席の際に交通費などとして「費用弁償」が支払われます。

これは報酬の二重取りではないかと批判も多い古い制度なのですが、なぜ未だに無くならない(もしくは改善されない)のでしょうか。

区議会の費用弁償の実態

東京23区の区議会では、

台東・墨田・荒川・杉並・豊島・練馬費用弁償なし

千代田・世田谷・品川実費相当

港・目黒・渋谷・北2,000円

中央・新宿2,500円

文教・江東・大田・中野・板橋・足立・葛飾・江戸川3,000円

となっています。因みに僕の地元川崎市実費相当が支給されているようです。




もし民間企業であれば、交通費なんて一番安いルートで計算し、掛かった費用のみ精算する事が普通だと思います。

しかも、区議会議員は全員が区内に住んでいるのだから、交通費なんて往復数百円で済むはずです。

僕は日々江東区の全域で政治活動していましたが、江東区はバスが死ぬほど走っている地域です。

道を間違えたとしても毎回3,000円なんてかかるはずありません。(江東区に限った事ではないですが)

これに関して、江東区では区民からの廃止して欲しいとの陳情も出ているといいます。

しかし江東区議会において、令和二年第二定例会の議会運営委員会では、この「費用弁償」に関しての議論は非公開で議事録の残らない「議会制度のあり方検討会」で議論されるという事になったようです。

区民からの陳情が出ている案件を、区民の見えない所で意思決定してしまうという議会の運営のなされ方にそもそも疑問が湧きます。

そして、区議の方々は選挙の際に散々訴えていた「区民の為の政治」を行うのであれば、本当に区民が一回3,000円の交通費の定額支給を適切だと考えているのか再考して欲しいと感じます。

どう考えても、「普通の感覚」から外れた税金の使い方なのではないでしょうか。

完全に議員特権にすがっているとしか思えません。

しかも、議事録に残らない場所で議論する事で、そのタチの悪さを晒さないようにしているのです。

もちろん江東区だけでなく、実費精算されていないすべての区で議論して欲しいと思います。

「費用弁償の議論」に関して、江東区議のさんのへさんが詳しくブログに書かれているので、興味のある方は読んでみてください。さんのへさんは、費用弁償を全て寄付しており、それも全て公開されています。

(参考:https://note.com/sannohe_aya/n/n6a8cbf604ae1#Qd0MU)

やはり情報公開の大切さをかみしめられますね。

こういった無駄な税金の使われ方の見直しを徹底し、日々情報発信して欲しいです。

▷▷音喜多駿参議から学ぶ、「なぜ政治家は情報公開しなければならないのか」

▷▷<1日インターン#1>三次ゆりか江東区議会議員 -地域密着型で問題解決!パワフルママ議員!-







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。