和合大樹のプロフィール

錦糸町でPCR検査キット無料配布?!墨田区がモニタリング検査に協力

墨田区が、東京都と国が行うモニタリング検査に協力し、PCR検査キットを錦糸町にて配布を行っています。

モニタリング検査とは、国が新型コロナウイルスの感染拡大の兆候を素早く察知する為、全国の繁華街など、人が集まる感染リスクの高い場所で無症状者を対象に無作為にPCR検査を行う取り組みです。

通りかかった人に声をかけて検査キットを配り、検査の概要を伝えたうえで、だ液をキットに入れて郵送すると、数日で結果が専用のアプリで通知されることを説明していると言います。

関連:<新型コロナ>錦糸町でモニタリング検査 墨田区がPCRキット配布

4月29日以降、計約550セットを配布しており、6月上旬まで続けるそうでした。

現在、僕も実際に住んでいる錦糸町ですが、確かに墨田区随一の繁華街という事もあって人はかなり多くなっています。

一時期は殆ど閉まっていた飲食店も最近は徐々に再開を始めており、外から見た雰囲気では、お酒を提供している店もちらほらありました。

錦糸町には周辺に広い公園も何個かあるのですが、そちらは路上飲み会場として連日栄えている所もあります。

このモニタリング検査によって、少しでも良いコロナ対策が行われる事を願うばかりです。

関連:コロナワクチンは高齢者ではなく、若者や現役世代から優先的に摂取すべきだと考える理由 | Wagoo! (taiki-wago.com)

関連:川崎市に「まん防(まん延防止等重点措置)」適用―市長の発信まとめ | なかはらPR (kawasaki-pr.com)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。