和合大樹のプロフィール

何度目の緊急事態か -菅総理が下戸だから簡単に禁酒令だせる説

Twitterを眺めていると、7月12日から東京都において、緊急事態宣言を再び発令するとのニュースが飛び込んできました。

8月22日まで継続するようで、飲食店への酒類提供自粛を呼びかけるとの事。

今日は大学が終わった後、夕方から久しぶりに行きつけのBARに顔を出して、少しだけお酒を頂いていたのですが、バーテンダーの方もこの緊急事態宣言には驚きの様子。

関連:東京への緊急事態宣言は来月22日まで 沖縄も延長

関連:コロナ禍の東京で禁酒令?!米国の禁酒法に見る、東京への影響とは

もう何度目の緊急事態なのでしょうか。

今年に入ってから、もはや毎月緊急事態となっており、緊急感が全くありません。

そして、よりによって酒類の提供自粛令

僕の考えは、下記のブログに示しています。

関連:罪を憎んで酒を憎まず―居酒屋は禁酒や時短でなく、人数制限にすべき

BARや、居酒屋を営む人の当事者や、そこに通う国民の気持ちを政府は考えた事があるのでしょうか。

菅総理が下戸だから、酒飲みの気持ちがわからないのかも・・・!笑

という冗談は置いておいて、今の政治には当事者目線と、丁寧な説明とお願い、謙虚さが全く足りていないと思います。

国民にお願いする時は、それ相応の覚悟を見せて、丁寧な説明を続けて行く事が政治家には必要です。

次の衆院選で、誠実でまともな政治家を出来るだけ多く作り出していかねばなりません。

関連:コロナ禍の東京で禁酒令?!米国の禁酒法に見る、東京への影響とは




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。