話題の記事

あること無いこと言われるカオスの中で生きていく覚悟

先日、武蔵小杉から渋谷まで歩き、最寄りの錦糸町から風俗勧誘サバイバルを抜けてやっとのことで帰宅した翌日、朝5時起きで仕事に励む大学生のたいきです。

このサバイバルにダイエット的な効果はあったと思うので、後悔はしていません。笑

そんな僕が今回語るのは、「あること無いこと言われるカオスの中で生きていく覚悟」についてです。

様々な方々から聞く話や、書籍で読んだ話を参考に、色々思考していきます。

僕が大学生になって足を踏み入れた世界は、思ったよりもカオスな世界でした。

誰と話すかによって立場や内容を平気で変え、自己保身の為なら人に対してどんなに酷いことをしても許されてしまう世界です。

僕は割とチャランポランで、何事もブログにしてしまうようなオープンな人間なので、本当に自分の行動や感じたことを言ったことしか無いのですが、それが裏目に出てしまうこともあるようでした。

結局は、立場が上の人が基本的に何においても強く、下の人間は平気で切り捨てられるような社会。

義理人情も何も無い世界です。

嘘や欺瞞、偽善で塗り固められているこのカオスの中で、生きていくためには、それなりの覚悟が必要だなと感じます。

どんなことを言われても、どんな状況下に晒されても、どんなに事実と違うことを言いふらされても、それに一喜一憂せずに愚直に目の前のことを頑張り、夢を実現する意思。

それが最も大切だなと感じます。




1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。都内での活動を経て、2021年より衆議院神奈川10区金村りゅうな事務所スタッフとして活動中。