雑談 -small talk-

違う世界線で生きたい、とふと思った。

こんばんは。

最近、いろんな人から怒られることが多いです。

「そんなことで怒るなよ」「もっと他に言い方があるだろ」とは思いますが、まあ確かにいつも自分が悪いっちゃ悪いので仕方ないなとも思います。

でもよく考えてみたら、色々なことに首を突っ込まなければ、こんなに怒られることはないんじゃないか?!という発想にたどりつきました。

つまり、違う道を選択していたら僕はどうなっていたのだろう…と考えたのです。

大学生活をエンジョイしたいなら、僕の場合は政治活動をやめておいた方が良いのかなと思うので、政治に興味を持たなかった世界線を選択します。

そうしてテキトーに楽しそうなサークルに入り、友達と遊びまくってテキトーに大学の課題をこなすのです。

サークルでもめ事とか問題はあるかもしれませんが、今よりもはるかに楽しい生活でしょう。

というか、よく考えたら一年くらい前はそんな生活してたなあ。笑

昔から政治には関心がありましたが、直接的に何も関わっていなかったので割と政治とは無縁な生活をしていました。

どこで僕の楽しい大学生活の歯車が狂い始めたのだろう…!

親にはいつも、「政治なんかよりももっと大学生っぽいことをして大学生活を楽しめ」と言われるし、そう言われて「確かにそうだな」と思う自分もいます。

とは言いつつも、今の政治活動も好き好んでやっている訳で、自分的には特に嫌ではないし、勉強になっているのでこれからも続けていきますが。

色々な人との出会いもあるので、それも政治活動の魅力の一つですね。

ただ、学生が政治活動をしていても恋愛的な出会いは全く無いので、そこは学生にとって辛いところでもあります。笑

まあつまり、結局は「大学生活をエンジョイするたいき」「政治活動マシーンになるたいき」「就活ガチ勢たいき」「バイトガチ勢たいき」の4人のタイキがいれば僕の欲望は満たされそうです。

なんかコマツさんもこの前同じようなこと言ってたな…

とりあえず、見放されないだけ怒ってもらえた方がマシだと思って、色々な活動頑張ります。

※一応補足しておくと、政治の世界でめちゃくちゃ怒られてるとかそういう話ではないです。自分が首を突っ込んでる色々なところで怒られます。笑

違う世界線で生きたい、とふと思った。” への1件のフィードバック

  1. 疲れましたね…
    ところで政治活動が出会いの場になる気配はありますね。阿部さんが街頭やってるとよくギャルにおこられるってつぶやいてたし。普通なら無視だけど興味があるんだろうね。手伝ってくれませんか?て誘うと仲良くなれるかも。ファッションとかも60年代のテイストになってますので学生運動もカッコいいってなるだろう。昔とは形は違うけどね。ブログやってるとかはポイント高いんじゃないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です