話題の記事

24歳の衆議院支部長?!最年少国会議員誕生なるか【岐阜5区今井るる氏】

昨日、立憲民主党が次期衆院選の岐阜5区今井るる氏(24歳)を公認候補予定者として擁立することを発表しました。

4月4日に25歳の誕生日を迎え、満を持して衆議院に挑戦するようです。

(Twitterのアイコンより引用)

今井氏は中央大学法学部卒業後、株式会社アル―にて企業向け研修・人材育成に携わっており、今年2月に退職をして衆院選に挑戦を予定していると言います。

今井氏の「行動はメッセージ」というキャッチコピーが個人的に好きです。行動派大学生を自称している僕にとっては良い言葉だなと感じます。笑

現在、史上最年少国会議員記録を保持しているのは、2000年の衆院選社民党から神奈川14区で立候補し、比例代表南関東ブロックから当選した原陽子氏(当時25歳4か月)です。

もし、この春に衆議院が解散した場合、今井氏は当選すれば憲政史上最年少の国会議員となります。

若い世代がどんどん政界に挑戦していく姿勢は素晴らしいし、そういった風潮はどの政党であれ応援したいですね。

そしてやはり、若い人の登用や女性の登用という面では立憲民主党が強いなと個人的に思います。

(長老群団が未だに君臨しているのはあまり良いとは思いませんが・・・。)

また、今年の夏に行われる東京都議会議員選挙においては、北区選挙区24歳(4月で25歳)林元真季氏が都民ファーストの会から立候補を予定しているようですし、平成世代の政界進出がこれから顕著になって政治が面白くなってきそうです。

林元氏は早稲田大学国際教養学部卒海外経験や民間経験も豊富な人材ということで、都民ファーストが維新の佐藤古都さんに対抗してる感が凄いですが・・・。

いずれにせよ、これからは若い世代や女性が政治の世界でもどんどん活躍して欲しいと思います!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。都内での活動を経て、2021年より衆議院神奈川10区金村りゅうな事務所スタッフとして活動中。