和合大樹のプロフィール

朝日新聞社 地域に目を向ける新SNS始動 なかはらPRも参画へ

本日の夕方ごろ、Twitterでも報告しましたが、なかはらPRが朝日新聞社が運営する新SNSに参画致しました。

その名も「地区トーク」。

地区トークは、街の情報をシェアする「ローカルSNS」です。

ゆるやかで飾らない、暮らしを楽しむためのコミュニティとして朝日新聞社が開始いたしました。

親子で楽しめるイベント情報や、新しくオープンしたパン屋の話題など、同じ地域に住む人たちの投稿を掲示板のように見ることができます。

そして、他のSNSと決定的に異なるのが地域の情報交換をより活性化し、利用者間のゆるやかな共助の関係を後押しするために「地区トークポイント」の存在です。

自分の投稿に「いいね!」が送られるごとに「地区トークポイント」が貯まりまり、地区トークポイントは送金アプリ「pring(プリン)」の電子マネーに交換することができます。1ポイントあたり1円相当額への交換となります。

交換は51ポイント以上から行うことができ、交換時に50円分の送金手数料が差し引かれるようです。

なかはらPRは、このSNSの中で地域情報を発信する地域メディアとして連携させていただいております。

これから伸びるかもしれないので、ぜひこの機会に登録を!

地区トーク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。