雑談 -small talk-

小学生の日記みたいなブログを毎日更新する意味はあるのか

投稿日:

僕は現在、1年近くブログの毎日更新をしているわけですが、その中にはいわゆるくそブログも多数存在します。

大体の人たちは、そんな中身のないブログを更新する必要はないと言いますが、本当にそうなのでしょうか。

僕は質よりも、毎日継続して更新することが大切だと思っています。

ブログなんて所詮、自己満足で書いているのですから、いかにこのブログを書くことによって自分が成長するかを考えることが大事です。

毎日更新を続けて、その中で徐々に質を高めていく方が成長に繋がると僕は思います。

毎日更新は質が低いとよく言われますが、継続することで、そのうち全体的に内容のレベルも向上していくのです。

ただ、政治家がブログの毎日更新をする場合、小学生の日記レベルのブログを毎日更新するのは意味があるのかと疑問に思ってしまいます。

綺麗ごとのポエムや、活動の感想などを発信するくらいなら、その時間で勉強した方が良いのではないか、と思います。

政治家は勉強も仕事の一環だと思いますし、勉強や政策立案のためのアウトプットとしてブログを活用する方が効果的なのではないかと思います。

まあそれを言うと、僕ももっと勉強してアカデミックなブログを書くべきなのですが・・・笑

少なくとも政治家であるなら、小学生の日記レベルのブログを書くのであれば毎日更新はしなくても良いのでは・・・?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です