和合大樹のプロフィール

クラフトビールでよく見る「IPA」って何かご存じですか?

クラフトビールを買いに行くと必ず目にする「IPA」という種類のビール。

しかし、「IPA」が何なのか、良く知らずに飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな「IPA」についてわかりやすく解説していきます!

※サムネイルは川崎市のクラフトビール

「IPA」って何?


「IPA」とは、「India Pale Ale(インディア・ペールエール)」の略です。

ペールエールはイギリス発祥のビアスタイルであり、伝来手法によって、三種類に分けられます。

まず、本家イギリスで継承される「イングリッシュ・ペールエール」

そして、アメリカに渡った「アメリカン・ペールエール」

18世紀に、かつてイギリスの植民地だったインドに渡ったのがこの「インディア・ペールエール」です。

香り豊かで味わい深いビールを作るエール酵母を使ったビールで、当時流通していた色の濃いビールに比べて色が淡い(=ペール)のが特徴になります。

そして、この「インディア・ペールエール」は、普通のペールエールを船でイギリスからインドへ送った際、腐ってしまって飲めなかった事がきっかけとなり、開発されたビアスタイルと言われています。

普通よりも「ホップ」とアルコールを大量にビールに投入した事によって防腐作用を働かせ、インドに着いた際にも美味しく飲む事が出来たそうです。

「IPA」の味

「IPA」の味は、ビールが嫌いな人にも飲みやすい所が特徴的です。

ビールの原材料の一つ「ホップ」を大量に使用した「IPA」は、ホップの「香り」と「苦味」をダイレクトに味わうことができます。

特にフルーティな香りの「IPA」は女性に人気。

また通常のビールと比較して、かなり強いホップの苦味がある為、クセになる人も多いと思います。

近年の「IPA」ブームでは、この独特の苦みが好きでハマっている人も多いはずです。

川崎クラフトビール
溝ノ口で開催されている川崎クラフトビアマルシェ

「IPAはぬるい方が美味い

キンキンのグラスで飲むことの多い普通のビールに比べて、「IPA」は少しぬるいくらいでも美味しく頂けます。

それは、ペールエールの特徴である「ホップ」の香りが、温度が上がることでより華やぐからです。

「IPA」の香りが好きな方ほど、冷やさずに飲むのも良いかもしれません。

関連:ペールエールとは?ビールの種類をイラストで解説! | ビール女子

関連:日本最高齢94歳バーテンダーが作った伝説のカクテル「雪国」をご存じでしょうか | TAIKI BLOG (taiki-wago.com)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。