和合大樹のプロフィール

圧倒的に、政治に対してだけ主体性が足りない日本人

政治に携わって2年。

仕事や地域活動では、主体性が大事だ、当事者意識が大事だと言うのに、政治に対しては当事者意識も無く主体性もあまり無い人を沢山見てきました。

ありがちなのは、選挙割等の選挙に行こう!政治参加の大切さの啓発活動!の様な意味のない外ヅラばかりのキャンペーン。

これは本当に投票率をあげようとか、政治を良くしようという行動をしていないのに、主体的に活動してる感だけは醸し出す事の出来る麻薬のようなものです。

簡単で背負うリスクも無く、頭も使わなくて良いのでやりがちなのですが、これによって投票率が上がる事は殆どありません。

上部だけの議論や行動だけでなく、政治自体がもっと面白い存在として一般人に認識されなければ、何か大きく変わる事は無いのです。

普段は当事者意識や主体性を大事にしている人も、政治に対しては上部だけの人を沢山見てきたので、選挙のたびに「政治を身近にすること」がいかに大変かを痛感します。

これは自分のライフワークとして、いつか達成したいですね・・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。