和合大樹のプロフィール

身近な人の巻き込み方

※サムネは内容と無関係です。

最近、比較的僕の周囲の人間が僕の活動に興味を持ってくれる事が増えた気がします。(自意識過剰説はあり。笑)

もともと、政治に関わってる事とか色々な地域活動に関わっている事は全てオープンにしていたのですが、最初は「なにあいつ」みたいな目で見られていました。(多分。笑)

まぁ、もしかしたら今もかもしれませんが。笑

しかし、最近は「何かあいつ面白い事してる」とか「けっこう頑張ってるよね」みたいな声をちらほら聞きますし、実際に直接言ってくれる友人も増えました。

意外とこういうのがやりがいになったり、本当に嬉しいです。

そして、今まで僕の周りの人たちには、政治が全く身近なものではなかったはずなのに、僕が絶えず何かしらブログやインスタのストーリーなどで発信を続けている事で、友人たちにとっても政治や地域活動との距離が少し近づいたのでは、と感じます。

思い込みかもしれませんがw

こうしたちょっとした自分の経験から、やはり自分の活動を完全にオープンにして、主張も何もかも発信を続ける事で、何かしらのきっかけさえあれば人を巻き込めるんだなと感じました。

そりゃ、意図的でもそうでなくとも、実態が隠れてたり、その人が何やってるかわからなかったら、興味なんて持つはずありませんよね。

人の興味をひいたり、人を巻き込んでいく為に必要なのは、徹底的な情報発信だなと改めて感じます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。