政治 -politics-

新・国民民主党?!玉木ブーム来るか…?!

共産主義と決別「改革中道」の決意! 玉木雄一郎氏インタビュー 新・国民民主党の同志は約10人

立憲民主党と国民民主党の合流に際して、自らは合流新党への不参加を表明している国民民主党の玉木代表ですが、彼の「改革中道」の決意に政治家としての覚悟を感じます。

衆院選が迫っている中で、選挙での勝利を見据えて多数派である合流新党へ行ってしまう人が多い中で、「共産主義」と一線を画すという意思を明確に示して自分の決意を貫く姿は、いずれ中道派の人々を惹きつけるのではないかと思います。

また、減税を明確に示していることなど、現実的で国民に寄り添った「改革中道派」のリーダーとして、玉木代表はこれから大きく成長していくのではないでしょうか。

今までパッとしないと言われていた、玉木代表と国民民主党ですが、この合流騒動を通して、政治家としての明確な信念を示した玉木代表が注目されていく事に期待していきましょう。

玉木氏「同志は10人くらいだ。『自分の国は自分で守る』という国家の自立を腹にすえた政治勢力を結集したい。しっかりと心を合わせ力を合わせていけば、道は必ず開けると信じている」

安積明子「共産主義と決別「改革中道」の決意! 玉木雄一郎氏インタビュー 新・国民民主党の同志は約10人」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です