和合大樹のプロフィール

今、ムネオがアツい!ムネオ節で悪徳議員に喝!

本日の参議院予算委員会にて、日本維新の会鈴木宗男氏が問題提起した内容が注目を集めています。

その問題とは、立憲民主党小西洋之氏が3月10日の予算委員会で質問に立った後輩議員に、質問通告をしていなくても「嘘でもいいから通告したといえばいい」と発言したことについてです。

「3月10日の予算委で、(立民の)田島麻衣子氏の質疑が中断したときに、小西氏から『嘘でもいいから口頭で通告したといえばいい』と発言があった。これは問題だ。」

3月18日の参議院予算委員会における鈴木宗男氏の発言

加えて、閣僚を激しい言葉で批判する小西氏や、同じく立憲民主党森裕子氏の言動を「限度を超えている」と訴えました。

また、「小西氏は深夜でも(質問準備のため)役所に電話をして(職員が)体調を崩したという情報も寄せられている。」とも指摘しています。

終盤には、「私は職を賭して勝負してもいいぐらいだ。無責任で言っているんじゃない」とムネオ節を炸裂させました。

こうして国会をシメてくれる大物政治家の必要性を改めて感じると共に、普通の人の目線で思ったことをズバッと突っ込んでくれるような、田中角栄やハマコーやムネオのような政治家が今の国会にももっといて欲しいなと感じますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

TAIKI
1999年、川崎市出身の大学生。明治大学文学部在学。趣味は歴史研究、読書、旅行。若者の政治参加推進を掲げて幅広く活動しながら、参議院議員の音喜多駿に憧れ、政治について勉強中。雑記ブログを2019年10月7日より毎日更新中。2020年10月、赤羽でBARをスタート。地元PRメディア「なかはらPR」を一人で運営。