未分類

上書き保存していく方が良い。

恋愛の話でよく聞くのが、男は「名前を付けて保存」、女は「上書き保存」という法則だ。

端的に言うと、男は過去をいつまでも大事にする傾向があり、女は常に未来志向で上書きされていく傾向があるという事だろう。

最近、それは恋愛以外の面においてもあながち間違いではないなと感じてきた。

私は一つの出来事に関して、出来事ごとに一つずつ名前を付けて保存してしまうタイプである。

なので、出来事が進んだり、別の展開に変わったとしても、それは出来事の続きではなく、関係のある別の事柄として記憶される。

一つ一つの記憶を振り返る時はこの思考回路でも困らないが、これだと一つ一つの記憶が中々アップデートされないので、過去について必要以上に考えたり悩んだりして、ネガティブになる傾向にある気がする。

男性はこういう思考回路の人が割といるのではないだろうか。

自分だけだったら結構恥ずかしい。笑笑

その点、女性的と言われている、「上書き保存型」の人は記憶が常にアップデートされていくので、ポジティブな思考になりやすい。

繊細に過去を記憶しておくのも大切だが、記憶は常に上書き保存していった方が良いと感じた。これがポジティブシンキングの為に必要な第一歩だと信じ、とりあえず記憶を上書き保存していく所から始めたい。

上書き保存していく方が良い。” への1件のフィードバック

  1. 毎日更新を楽しみにしています。
    ワードプレスを使う上での小技とか、何か運営する上でのおすすめがあれば教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です