雑談 -small talk-

いい大学へ行き、良い企業に就職すべき的な風潮はもう古い!日本人はアンコンシャス・バイアスから解放されるべき

いい大学に入り、大企業や、安定した会社に入って何不自由のない生活を送るのが、現代の日本人にとっての「普通の感覚」だと思います。

しかし、僕はそんな古い考え方はもう捨てるべきではないかと思います。(←就活が嫌すぎる大学生の末路)

海外の学生は、もちろん有名企業に入ることを望む学生も多いですが、「有名企業はいまがピークでやがて下り坂になる」という考えを持っている学生も多いといいます。

これから伸びしろの少ない大企業で埋もれてしまうよりも、スタートアップの企業に入社したり、起業する事によって、会社と共に自分も成長した方がやりがいを感じる事が出来るのです。

しかし日本の学生には、そういった「日本人の普通」とは違った価値観と出合う機会はまだ少ないのが現状です。

更に、社会全体に価値観や昭和からの安定志向が未だに残っています。

「そこに日本で起業家が育たない最大の問題がある。」と、立命館アジア太平洋大学(APU)の学長の出口氏は述べています。

アンコンシャス・バイアス(自分自身でも気づかないうちに身についた無意識の偏見や、先入観)が、起業家や社会起業家の輩出を阻んでるというのです。

そのアンコンシャス・バイアスの最たるものが大企業信仰です。僕の周囲の学生も、当たり前のように大企業への入社がメインストリームだと思われています。

しかし、既存の企業や行政機関に勤めて社会を変えようとするのは大変困難な事です。

そもそも起業とは、新たなものをつくり出すこと。いまの社会にないものを自分がつくってみたいという思いが原動力となり、リスクがあっても一歩を踏み出す。人間は、昔から誰かが新しいものをつくり出して、社会の枠組みを変え、世界をよりよくしてきた。そこに、起業の本質があるのです。(出口治明)

 

大学生活は、何かを教わって勉強するのが全てではないと思います。

様々な活動や経験を通して、自身が関心を持って取り組める分野を見つける期間なのではないでしょうか。

それが学問でも良いし、就活を頑張っていい企業に行く事でも良いし、政治でも社会問題の解決でも何でも良いと思います。

僕は大学生活を通して「政治」という分野に興味を持って足を踏み入れ、見事に浸っています。笑

そしてBARをやってみたり、友達と起業してみたり、様々なことに挑戦をしているつもりです。

でも実際、いまの時点でやりたいことはありません。笑

誰かの下で働くのでは無くて、政策についてちゃんと勉強して、自分がやりたい事の実現可能性やロードマップを検証して、早く政治家になりたいなとは思ってます。笑(←調子乗りすぎですねw)

民間企業に行くならPRについて学びたいなとは漠然と思っていますが・・・笑

そんな中で、「就職していい企業に行くべき」的なアンコンシャス・バイアスに悩まされる事もあります。

正直そんなものは足かせでしかありません。

人にはそれぞれ人に合った生き方をすべきだと僕は思います。

さて、今からESでも書くかあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です