趣味 -hobbies-

「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎から学ぶ「生き方」とは・・・

本日は、朝7時から一人で東京駅を散歩し、8時から皇居をランニング、9時過ぎから「鬼滅の刃」の映画を見るという、充実した午前中を過ごしていました。

朝の東京駅も、皇居も綺麗すぎた…。

そして、その後はいつも通り江東区へ戻って、夜まで街宣活動のお手伝い。

朝から夜までみっちり活動していると結構疲れますね。

実は映画を見ている最中は結構うとうとしていました。笑(毎日睡眠時間が短すぎて辛い…)

しかしながら、「鬼滅の刃 無限列車編」マジで感動物です。

男二人で泣きながら映画を見るというカオスな状況でしたが、煉獄さんかっこよすぎた・・・!

中でも、

「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと

心を燃やせ

歯を喰いしばって前を向け

君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない

共に寄り添って悲しんではくれない

という言葉は心に響きました。

煉獄さんの最期のシーンで、炭治郎への人生の教訓的なものを説いている言葉なのですが、この心持は自分も参考にすべきだなと感じます。

とにかく自分を強く持って、皆さん頑張りましょう。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です